緑の情報アラカルト
緑の情報アラカルト

桜の満開過ぎても多くの人出

%e7%9a%87%e5%b1%85%e5%91%a8%e8%be%ba%e3%81%ae%e6%a1%9c 春の陽気に包まれた4月1日(日)、皇居周辺の桜の花を見てきました。
 東京では、平年より9日早く3月17日に桜(ソメイヨシノ)の開花を宣言。その後、気温が上昇したため、一気に満開になりました。
 この日は田安門から北の丸公園、千鳥ヶ淵沿いなどを散策しました。多くの桜の木は花が散り、みずみずしい若葉が広がり始めていました。お堀では花びらが水面を白く覆い、たくさんのボートでにぎわっていました。
 満開の時期は過ぎたとはいえ、外国人観光客をはじめ大勢の人が繰り出し、残り少なくなった桜の季節を楽しむ光景が見られました。

PAGE TOP