緑の情報アラカルト
緑の情報アラカルト

繊細な観察眼を植物スケッチに

%e8%8f%9c%e3%81%ae%e8%8a%b1dscn1426

●「菜の花」を題材にした高野さんのスケッチ(左)と、関連する『グリーン・パワー』の記事

月刊『グリーン・パワー』に「スケッチ・オブ・ワンダー」(2006年7月号~2014年10月号)を100回連載していただいた高野史郎さんが、3月14~18日に千葉県市川市で「市川の自然環境30年の移り変わり 未来へ」と題した展示会を開かれたので行ってみました。会場の入り口にはペットボトルで育てたクロマツの“盆栽”とその種からの成長過程のスケッチが掲げられており、高野さんの繊細な観察眼は今もなお健在で、当方はまたもや脱帽です。展示室内では何点ものカラースケッチを見ることができましたが、ちょうど開花期を迎えた菜の花のスケッチには、『グリーン・パワー』(2012年5月号)の記事も添えられていました。

 

 

%e9%ab%98%e9%87%8e%e5%8f%b2%e9%83%8edscn1441

●盛りを迎えたハクモクレンの花を解説する高野史郎さん

訪ねた当日は、高野さんが講師を務める自然観察会も催され、好天に恵まれた中を20人近い参加者とともに、会場近くにある真間山弘法寺の周辺を散策しました。花が盛りのハクモクレンやヤマモモ、つぼみの膨らんだ枝垂桜(伏姫桜)などを見て歩き、楽しいひと時を過ごすことができました。

PAGE TOP