森林文化協会からのお知らせ
緑のバトン

生徒たちの意志で「緑のバトン」活動 広島県立松永高校

東日本大震災の被災地に、全国の子どもたちが学校で育てた苗木を植樹する「緑のバトン運動」に参加している広島県立松永高校の先生から、生徒たちの活動ぶりを報告するお便りと写真が事務局にメールで届きました。一部をご紹介します。OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お便りによると、松永高校では生徒たちが自ら募金活動を行って苗木を購入し、植え替え作業を実施しました。取り組みは、生徒たちのボランティア活動で行われています。先生は「苗木とともに生徒たちの思いやりの心を大切に育てていきたい」と生徒たちを温かく見守っています。

PAGE TOP