ブックガイド

ブックガイド

●高尾山の木にあいにいく

ゆのきようこ 文  陣崎草子 絵  理論社 1400円+税

%e9%ab%98%e5%b0%be%e5%b1%b1%e3%81%ae%e6%9c%a8%e3%81%ab%e3%81%82%e3%81%84%e3%81%ab%e3%81%84%e3%81%8fs東京郊外にある高尾山は、大都会の近くで四季折々に豊かな自然を感じられる場所として、多くの市民に、そして今や外国人観光客にも人気が高い。作者の高尾山登山はなんと300回以上だそうで、この山は知り尽くしているのだろう。自然が一番のにぎわいを見せる初夏の5月には、どんな木や鳥たちにあえるのだろうか。観察を続けているおじいさんに教えてもらいながら登っていくストーリーは、楽しく描かれた絵の力も手伝って、部屋にいながらでも高尾山登山を追体験しているように感じられる。

 

実際に5月に登った時のことを思い出しながら読んでみた。そうそう、ミズキやガクウツギは白い花が盛りだったし、セッコクやモミジイチゴ、コゴメウツギの花も咲いていた。カツラやイヌブナの新緑も見事だったし、森にはオオルリやキビタキのさえずり、響いていた。時が過ぎても、あの日の感覚が頭の中によみがえってくるのがわかった。次はまた、違う季節に登ってみたい。そんな思いがあふれてきた。

PAGE TOP