ブックガイド

ブックガイド

●落葉樹林の進化史  恐竜時代から続く生態系の物語

ロバート・A・アスキンズ著 黒沢令子訳 築地書館 本体2700 円+税

book%e8%90%bd%e8%91%89%e6%a8%b9%e6%9e%97%e3%81%ae%e9%80%b2%e5%8c%96%e5%8f%b2落葉樹の誕生は白亜紀中~後期(1億1300万~ 6500万年前)だと考えられている。恐竜を絶滅させた隕いん石せき衝突後、寒冷化あるいは温暖化という気候変動によって森林の様子が大きく変わり続ける中、落葉樹は持ち前の回復力と定着力を発揮してこの地球に適応し、何千万年にもわたる時間を生き延びてきた。

著者は日本をも頻繁に訪れている米国の生物学者で、東アジア、北米東部、西ヨーロッパという異なる3地域の落葉樹林の相違にも目を向ける。気候などの自然条件の違いだけでなく、人間の関与にも大きな地域差があって、落葉樹林は各地でその姿を変えてきた。時間的、そして空間的な視点を加えて整理された落葉樹林の進化史は、鳥類や哺乳類を含めた森林全体の保全を考える上で、大きな示唆を与えてくれる。

PAGE TOP