ブックガイド

ブックガイド

●カエデ(モミジ)の絵本

田中浩編 むらいゆうこ絵 農山漁村文化協会(まるごと発見!校庭の木・野山の木4) 本体2700円+税

%e3%82%ab%e3%82%a8%e3%83%87%e3%81%ae%e7%b5%b5%e6%9c%ac紅葉の季節です。色付く木々の中でも、やはりその美しさや種類の多さで目を引くのはカエデ(モミジ)の仲間ですね。カエデは、古くから人びとに愛でられ、平安時代の源氏物語などにも登場しています。生活に身近なところで育つイロハモミジやオオモミジから、山の奥で人知れず育つミネカエデ、分布の限られているハナノキなど、さまざまな種類があります。掌のように切れ込んだ葉を持つ仲間だけでなく、三つに分かれた葉や、楕円形の1枚だけの葉を持つ仲間もあります。秋の紅葉だけでなく、春先に咲く花や、初夏の「青もみじ」を楽しむ人びとも増えてきました。カエデについて、もう少し知りたいと思うことが、いっぱい紹介されています。

PAGE TOP