ブックガイド

ブックガイド

●身近な鳥の生活図鑑  ●鳥ってすごい!

三上修著 筑摩書房〈ちくま新書〉本体940 円+税、樋口広芳著 山と溪谷社〈ヤマケイ新書〉本体900 円+税

book%e8%ba%ab%e8%bf%91%e3%81%aa%e9%b3%a5%e3%81%ae%e7%94%9f%e6%b4%bb%e5%9b%b3%e9%91%91スズメやハトなど町で見かける鳥は、当たり前のような存在ではあるが、その実際の暮らしぶりはどれだけ知られているのだろうか。『身近な…』は、人が管理する都市の生態系に入り込み、天敵が少ない、冬が暖かいといった環境を巧みに利用して生きている鳥たちの生活に目を向けている。身近なだけに鳥の基本を学ぶには最適な存在でもある。鳥に興味を感じたら、遠くの探鳥スポットを訪ねる前に、まずは町の中でじっくり観察し、鳥を理解していくのが早道のようだ。

book%e9%b3%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%99%e3%81%94%e3%81%84%ef%bc%81

とは言っても、空を自由に飛べる鳥は、町だけでなく山にも海にも姿を現す。1万km もの距離を無着陸で飛び続ける種類もいる。『鳥って…』は、その卓越した飛行術の他、羽毛やくちばしといった体の構造、つがいの形成や渡りなどの行動に秘められた不思議を解き明かしていく。鳥の色覚が人と異なると説明されると、どんな世界を見ているのか知りたくなる。なじみの薄い海外の鳥も説明の中には登場するが、いずれは出合ってみたいという憧れが募ってくる。

 

(「グリーン・パワー」2016年10月号から)

PAGE TOP