ブックガイド

ブックガイド

さくら

野呂希一 写真 / 浅利政俊 解説  青菁社  本体2000 円+税

美しくて多様な桜の写真集

%e3%81%95%e3%81%8f%e3%82%89%e3%80%80%e8%a1%a8%e7%b4%99%e7%94%bb%e5%83%8f

「さくら」とひとくくりに呼ばれるが、花の色、大きさ、花びらの枚数、葉の形などじつに多様性に富んでいる。色をとっても白や濃淡のある紅色、黄、緑などの桜がある。この本によると、現在、日本には野生種、園芸品種を含めて約380種の桜があるという。

「第1章・桜づくし」はそのうちの約150の品種を写真と解説で紹介。「第2章・桜便り」は沖縄から北海道まで移動していく桜前線を追いかけて撮った各地の桜の名所、名木が登場する。一つひとつの桜は個性的で美しく、桜がつくる風景はその土地の風情を醸し出している。写真は北海道在住のカメラマン、野呂希一さん。長年にわたり、日本の自然、風景、風土を撮り続けてきた。解説は同じく北海道に住む桜研究家で桜守(さくらもり)の浅利政俊さん。2008年発刊の『さくら』に最近の作品を加えた新装改訂版。

 

PAGE TOP