ブックガイド

ブックガイド

●エコツーリズム こころ躍る里山の旅 ―飯能エコツアーに学ぶ―

犬井正 著  丸善出版 本体2000円+税

%e3%82%a8%e3%82%b3%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%ba%e3%83%a0%e3%80%80%e3%81%93%e3%81%93%e3%82%8d%e8%ba%8d%e3%82%8b%e9%87%8c%e5%b1%b1%e3%81%ae%e6%97%85s埼玉県飯能市は、環境省エコツーリズム推進モデル地区への指定を契機に、2004年度からエコツーリズムを推進してきた。全国的な知名度は高くないが、山地と丘陵地からなる市域の4分の3を森林が占め、川の源流域から中流域までの姿を見ることもできる。そして身近な自然と生きてきた人々によって独自の森林文化が育まれ、農林業のほか繊維産業が長く営まれてきた。そうした環境と歴史を背景に始まったエコツーリズムは、地域住民による大都市近郊の里地里山の維持と地域活性化を旗印に進められ、2008年にはエコツーリズム大賞を受けるまでに急発展し、さらに2017年にはエコツーリズム特別継続賞にも輝いた。

 

著者は2004年から10年近く、同市のエコツーリズム推進協議会会長を務め、活動の基盤づくりに尽力した人物だ。今世紀に入って各地で取り組まれるようになったエコツーリズムだが、10年以上も発展しながら継続させている好例は必ずしも多くない。飯能市においても、地域資源を維持しながら多くの集客を続けることの苦労は少なくないようだが、エコツーリズムに地域振興の活路を探す人たちに、本書は有益な情報となるだろう。

PAGE TOP